あなたにぴったりの求人サイトが見つかる?お悩み別の選ぶ方法について解説

公開日:2022/04/01  最終更新日:2022/04/28

「自分に合った転職をしたいけど転職支援サービスが多すぎる」、こういった悩みを抱えていませんか。自分が納得でき、転職後も活躍できる職場を見つけるには、数多く転職支援サービスから自分のニーズに合うメディアを選ぶ必要があります。今回は求人サイトに焦点を当て、転職サイト選びの悩みを少しでも解決していきます。

求人サイトは選び方が重要

「求人サイトってどれも似たようなものでは?」と思う人もいるでしょう。しかし実際は独自の強みやサービスを提供しているため、似て非なるものだと認識しましょう

■業種・職種に特化

求人サイトの中には広く浅くいろんな業種、職種の求人を紹介するものから、医療や介護、飲食といったある分野に特化した転職支援をするものも数多く存在します。また、部長職採用や経営ポジション採用など、ハイクラス職種に絞ったサイトや、正社員、アルバイトといった雇用形態に特化したサイトも存在します。

■サポート体制もサイトごとバラバラ

求人サイトの中には、専門のキャリアアドバイザーを用意し、転職先候補探しから内定までマンツーマンでサポートしてくれるところもあれば、求人紹介のみに特化し転職先候補探しから内定まですべてサポートなしといったところまであります。

■サイトの強みと自分の価値観のすり合わせを

上記で見てきたように求人サイトと一括りにいっても、サービスの中身は各社異なります。したがって、広く浅く求人を見たいのか、ある一つの分野に絞って求人をみたいのか、プロのサポートがいるのかどうかなど、自分の性格を踏まえたうえでサイト選びをしましょう。それがスムーズな転職活動につながります。

「総合型」と「特化型」の求人サイトの特徴

求人サイトは大きく「総合型」と「特化型」に分かれます。2つの違いを理解しましょう。

■総合型の特徴

総合型サイトは幅広い業種、職種を網羅しており、全体の求人数が多いことが挙げられます。さまざまな業種、職種の情報を収集し転職先候補として検討できるので、キャリアチェンジをしたい場合などには便利です。

また、全国の求人を幅広く集めているため、とにかくいろいろな求人を見たい人や、地方に転職したい人にとってお宝求人を見つけるチャンスが広がっています。

■特化型の特徴

特化型サイトは特定の業種、職種などに絞ってサービスを展開しているため、総合型より現場のリアルな情報や業界全体の動向を深く知ることができます。

また、社内にその業界や職種の経験者が数多くいることもあり、企業と太いパイプを築くことで、求人サイトでありながら専門的なアドバイスを行えます。転職軸がある程度定まっている人は、情報やノウハウを元に転職活動をスムーズに進められるでしょう。

求人サイトにはどのような種類がある?

ここでは求人サイトをタイプ別にみていきましょう。

■大手有名企業型

テレビCMなどを行い知名度の高い企業が運営する総合型サイトです。多種多様な求人があり、自分で求人を絞り応募し、応募書類や面接対策も自力で行うスタイルです。

■転職エージェントサポート型

プロのキャリアアドバイザーが面談等を通じて、転職希望者に合った求人を紹介し、求職者はその中から求人を選び応募するスタイルです。応募書類の添削や面接対策もサポートしてもらえます。

■専門職特化型

ITエンジニアや医療、介護などある業界に絞った職種を紹介するのが特徴です。大企業から力のある中小ベンチャー企業まで求人案件や、専門特化したコンテンツが用意されているケースが多いです。

■ハイクラス特化型

「年収〇〇万円以上限定」「役職ポジションのみ取り扱い」など、それ相応の実力や経験が必要になるのが特徴です。求人のほとんどが未公開求人であり、量より質に重点が置かれています。

お悩み別のおすすめな求人サイトの選び方

転職活動にはたくさんの悩みがつきもの。最後にこういった悩みがある人はこういった求人サイトを選ぶとよいですよということをお伝えします。

■今後のキャリアプランが不明瞭

「これといってやりたいことがない」、「やりたいことは何となくイメージできるが、フワフワしている」といった人は、上記で紹介した大手有名型もしくは転職エージェントサポート型が選択肢の候補となります。たくさんの求人数の中から自分の理想の求人を選んだり、キャリアアドバイザーに相談することで自分のやりたいことが明確になったりする可能性が高まります。

■今後のキャリアプランがある程度決まっている

「この仕事がしたい」「この地域で働きたい」といった転職軸がある程度定まっている人は、上記で紹介した大手有名型もしくは特化型が選択肢の候補となります。専門特化の求人サイトや総合型の求人サイトから自分の条件を入力し検索をかけ、絞り込んでいくことで自分にあった求人を見つけられるチャンスが増えます。

■今すぐではないがいずれ転職したい

このケースでは、上記で紹介した大手有名型もしくはハイクラス特化型が選択肢の候補となります。会員登録を済ませ、希望する転職条件の新着求人のお知らせ機能をONにしておいたり、キャリアアドバイザーに「現職より条件のいい求人があったら紹介を」と伝えておいたりすることで優良求人をつかむチャンスを得られるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。求人サイトを1つ選ぶだけで大きな労力をつかうのは転職経験者なら納得できるでしょう。少しでもストレス少なく効率的に転職活動を進められるよう、自分にあった求人サイトを選んでくださいね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

お仕事を探すなら、できる限り条件がよい仕事を選びたいと考えている方は多いのではないでしょうか?条件のよい仕事を見つけるためには、利用する求人サイトが非常に重要です。本記事では、甲府市でとくに
続きを読む
転職活動では「現在の仕事よりも収入を増やしたい」「特定のポジションで働きたい」など叶えたい条件が明確にもっている人が多いのではないでしょうか。こうした理想を叶えるためには、給与や役職などの雇
続きを読む
求人サイトには総合型や特化型など、さまざまなサイトが存在します。転職活動を上手に進めるために求人サイトをうまく使いこなすことが重要です。今回は、求人サイトを使ってどのように転職を成功させるの
続きを読む